前へ
次へ

暗記の仕方は、子供に秘密がある、その話とは

暗記とは、大人が複雑に考える中で、それがかえって難しい内容だと思われているのかもしれません。
暗記ではありませんが、3歳から5歳ほどの子供の中には、芸人の芸を真似て、それを大人に披露する子供も数多くいるでしょう。
子供の気持ちとしては、身に付けた内容を、使いたい意識が強くあるものだと考えられます。
大人が行う暗記においても、使いたい気持ちが高まれば、直ぐに覚えられるのではないでしょうか。
使いたい気持ちは、使って満足できるものであり、今までの内容に満足している中では、子供に笑われてしまうかもしれません。
実社会においても、学んだものを役立てて、学んできた価値を感じられるでしょう。
複数の友達同士で教えあう様に勉強すれば、教えたい気持ちも高まりやすくなり、普段の暗記にもより効率的に力を発揮してくれるでしょう。
これを取り入れている人気の教師もいまして、多くの先生が、その教育内容を参考にされています。
大人の脳にも子供の脳があるため、誰でも実践して効果が現れる話でもあるはずです。

Page Top